35億円の借金返済!矢沢永吉の嫁・マリアのアゲまんぶりが凄過ぎ!?元妻・すみ子との離婚原因は『略奪不倫』だった!?

ロックスターとして、現在もなお衰える事なく活動し、唯一無二の存在であるアーティスト・矢沢永吉。

  矢沢永吉の嫁・マリアのアゲまんぶりがヤバ過ぎるとネット上で話題になっています!!

矢沢永吉は、一時期35億円の借金を負いましたが・・・『マリアのアゲまん言葉』で再起を果たし、借金を完済したといわれています。

今回は、そんな矢沢永吉の嫁・マリアの『アゲまん言葉』と『素性』『馴れ初め』について深掘りしていきたいと思います。

更に、矢沢永吉の元妻である『すみ子』との『離婚理由』についても徹底解明していきます。

では、張り切って見ていきましょう!!

 

矢沢永吉のプロフィール

生年月日:1949年9月14日

出身地:広島県広島市

血液型:B型

身長:180cm

 


矢沢永吉の35億円の借金を返済させたのは『嫁・マリアのアゲまん言葉』が関係していた!?

矢沢永吉のロックスターとしての活躍の裏で、その活躍を支えた嫁・マリアの『アゲまん言葉』が凄いといわれています。

どうやら・・・矢沢永吉は、一時期35億円の多額の借金を負ったようですが・・・奇跡の復活を果たした裏にも、マリアのアゲまん言葉が関係していたといわれています。

嫁・マリアの珠玉のアゲまん言葉の数々を紐解いていきましょう!!

 

マリアのアゲまん言葉① 本気を出したら返せるんじゃない!?

矢沢永吉は、1998年に元側近が起こった横領と詐欺事件で35億円の借金を負ってしまったといいます。

そんなショックから酒に明け暮れていた矢沢永吉に対して、嫁・マリアはアゲまん言葉を投げかけたといいます。

『お酒もいっぱい飲んだでしょ?飽きたよね?たしかに大変な額だけど、矢沢永吉が本気を出したら返せないお金じゃないから』

この言葉を聞いた矢沢永吉は、『マジで!?』と3回聞き直したといいます。その言葉に対して、『マジで!』とマリアは一言返したそうです。

その言葉が復活の一言となり、『これは映画だと思えばいいや!』と矢沢永吉は開き直ったようです。

映画の主人公がピンチに陥ったと思えば、そこから這い上がっていく劇的な結末を思い浮かべて前に進めたといいます。

そこから、矢沢永吉はテレビやライブなどを今まで以上にこなし、劇的な再起を果たし・・・約6年で35億円の借金を完済したようです!!

まさに、嫁・マリアのアゲまん言葉が矢沢永吉を不死鳥のように蘇らせたんですね!!

本当に素晴らしいですね!!

 

マリアのアゲまん言葉② あなたは上に行く男だし、もっと上にいかなきゃいけない!

嫁・マリアは、どんな矢沢永吉も受け入れ・・・矢沢永吉のやる事を全面的に認めたといいます。

その為には、どんな事でもするべきと考えていたようです。そんな時に飛び出したアゲまん言葉が以下のようです。

『あなたは上に行く男だし、もっと上に行かなきゃいけない!』

この言葉も深いですね!!こんな言葉を愛する人にかけられたなら、自ずとやる気は起きそうですね。

 

マリアのアゲまん言葉③ あなたは裸の王様!?

矢沢永吉が一線で活躍し続けている姿を見て、どこか天狗になっていると感じた時に発した嫁・マリアの厳しくも、優しさに満ちたアゲまん言葉が以下のようです。

『あなたはロックスターだけど、私が見る限りは裸の王様だわ!周りに沢山の人がいるけど、誰にも守られていない!』

35億円の借金を負った事も、矢沢永吉に隙があった事、信用出来る人間がいなかった事が原因であり・・・マリアの言葉は、まさに的を射ていると考えられます。

矢沢永吉からしたら、耳の痛い言葉ではありますが・・・陰で支えている嫁だからこそ言える言葉ですね!!

 

マリアのアゲまん言葉④ 過去は許してあげなさい!

矢沢永吉は、35億円の借金を抱える事件があったからこそ・・・現在があると語っています。

そう思えるようになったのは、嫁・マリアのこんな言葉があったからだといいます。

『過去は忘れて・・・許してあげなさい。(許さないと)自分が苦しいだけだから!』

深い言葉ですね・・・。この言葉があった事で、矢沢永吉は『自分には音楽がある』と再認識出来たようです。

 

マリアのアゲまん言葉⑤ ジーンズも似合うけど、アルマーニも似合う男になりなさい!

嫁・マリアから、ファッションやお金の使い方、そして人生を歩んでいく上で大切な事を多く学んでいると矢沢永吉は語っています。

より自分自身を魅力的な存在に見せる事が大切だという事を解いたアゲまん言葉が以下のようです。

『ジーンズも似合うけど、アルマーニも着こなせる、そういう男にならなきゃ』

深いですね・・・生き様とファッションがリンクしているように筆者は感じます。矢沢永吉にとって、嫁・マリアの存在の大きさをより感じる事が出来る、そんな言葉ですね。

 

嫁・マリアの素性に深く切り込んでみた!?

ここまで、嫁・マリアのアゲまん言葉について詳しく見て来ましたが・・・では、マリアの素性についても深く切り込んでいきましょう!!

マリアは、アメリカ人と日本人のハーフで『モデル』をしていたようです。

かなり雰囲気のあるモデルで、美人である事は明らかです!!

年齢に関しては、非公開のようで・・・矢沢永吉との年齢差などは明らかにされていませんでした。一説では、結構な年齢差があるといわれています。

 

2人の間には、子供が1人いる事が判明!

矢沢永吉とマリアの間には、娘である『矢沢洋子』が1985年に誕生しています。

矢沢洋子は、12歳から18歳までロサンゼルスに留学していたようで・・・帰国後は、上智大学文学部に入学しました。

大学卒業後、2008年10月29日にユニット『the generous』でデビューし、芸名『yoko』で活動を始めました。   2010年には、芸名ではなく本名『矢沢洋子』で活動する事を発表し、ソロデビューを果たしました。   精力的に活動をしていく中、2014年にバンド『PIGGY BANK』を結成し、更に音楽活動の幅を広げました。

私生活では、2017年にバンド・ギターウルフのメンバーである『U.G』と結婚を発表、2021年には第1子が誕生しました。

 

馴れ初めは『略奪不倫婚』だった!?

矢沢永吉と嫁・マリアの馴れ初めは、どうやら略奪不倫だったといわれています。

後述しますが・・・元妻との関係が上手く行っていなかった矢沢永吉は、当時出会ったマリアに様々な事を打ち明けていたようです。

仕事の悩み、様々な愚痴を全て聞き入れ、時には厳しい言葉で助言をするマリアに矢沢永吉が惹かれていきました。

そして2人の関係は深まっていき・・・1985年に娘•洋子が誕生した事をきっかけに、元妻との離婚に踏み切ったそうです・・・。

では、気になる矢沢永吉の元妻についても詳しく見ていきましょう。

 


矢沢永吉と元妻・すみ子との出会いから離婚までをプレイバック!

矢沢永吉の元妻について調査してみると・・・『すみ子』という女性である事が判明しました。

2人の出会いから結婚、そして離婚に至るまでを振り返って行きましょう!!

 

矢沢永吉とすみ子の出会いは劇的でスピード婚だった!?

矢沢永吉が22歳だった頃、ロックバンド『ヤマト』として活動し人気絶頂の中、ディスコ『グルッペ』で演奏した時に、たまたま来ていた『すみ子』に一目惚れした事が出会いのきっかけだったようです。

すみ子との出会いについて矢沢永吉は、『ディスコに来たマブイ女 それが女房だった』と語り、運命的な出会いだったと振り返っています。

そして、出会った日に『結婚前提でつきあってくれ』とプロポーズをし・・・その日から同棲が始まったといいます。

かなり急展開ですね・・・相当、惚れ込んだんでしょうね・・・(笑)交際から2ヶ月後・・・1972年に結婚に至ったようです。

ですが、結婚当初は矢沢永吉は駆け出しのバンドマンだった事もあり・・・経済的には余裕はなく・・・結婚式や結婚指輪も購入出来なかったようです。

矢沢永吉の母親が、すみ子に結婚指輪を購入していたといわれており・・・当時の経済状況が厳しかった事がうかがえます。

矢沢永吉の衣装を買う為に、結婚指輪を質屋に入れていた事もあったといいます。

そんな不安定な時期を、すみ子は献身的に支えていたんですね・・・ですが、1989年に離婚してしまいました。

離婚理由は、すみ子が『仕事を家庭に持ち込まないで欲しい』という考えの持ち主で・・・徐々に、矢沢永吉の心が離れていき・・・夫婦関係が悪化したといいます。

そんな時に、マリアに出会った事が決定打になり・・・離婚に至ったようです。

 

矢沢永吉は元妻・すみ子に対して未練タラタラだった!?

矢沢永吉と元妻・すみ子は、離婚に至りましたが・・・慰謝料がとんでもない金額だったようです。

調査してみると・・・ポルシェ3台分、約4500〜6000万円だったと言われています。

矢沢永吉は、マリアと再婚し・・・順風満帆だと思われていましたが・・・胸中は複雑だったようです。

とあるインタビューで、すみ子や残された子供についての後悔を以下のように語っています。

女房(すみ子さん)や子どもたちにずっと後悔しています。夢と健康とパワーだけで走った時に、すごい大きな力で僕を受け止めてくれたのは女房ですよ。

僕はすごく女房に感謝している。その時、何かわからないけれど、僕自身の中で新しい矢沢永吉ができていたんだよね。

できれば、僕は何度も何度も戻りたいと思った。いま振り返ったら、まだ川崎に住んでいた時、すごい人間らしさがあったね。キャロルを作る前に女房と二人でアパートに住んでいてね。どさんこラーメンに行くのが唯一の楽しみで・・・

それで浮島というところが川崎にあってね。そこへ二人でボンゴに乗って夜景を見に行って帰ってくる。その時、長男がお腹に入っていたね。

あの時代・・・この前も女房と話してたんですけど、あの時代が結婚して最高の時だったね。悲しい話だけど・・・。

この様に語り・・・駆け出しの頃に支えてくれたすみ子に対しての感謝と後悔を明かしました・・・。

長い夫婦生活には波風は沢山ありますが・・・本当に大切なものの存在は簡単に忘れてしまうものですね・・・。人の不幸の上に成り立つ幸せは、どこか寂しいものがありますね・・・。

本当の意味での支えは、すみ子の優しさだったのかもしれませんね・・・。

 

2人の間には子供が3人いる事が判明!

矢沢永吉と前妻・すみ子との間には、子供は3人いる事が判明しました。

  • 長男:栄一郎(DVD制作会社?)
  • 次男:寛十郎(DVD制作会社?)
  • 長女:綾子(歯科医)

3人の子供に関しての情報は、あまり明かされておらず・・・正確な情報か定かではないものばかりでした・・・。

長女・綾子に関しては、歯科医をしていることが明らかになっています!!

 

まとめ

・矢沢永吉の嫁・マリアは、様々な珠玉の名言を残しており・・・その言葉は矢沢永吉にとって成功の為には必要不可欠であった事が判明!!

・矢沢永吉と嫁・マリアは略奪不倫の末に再婚に至った事が判明!!全ての不安や愚痴を聞き、時に厳しい言葉もかける、そんなマリアに対して惹かれていった事も明らかになった。

・矢沢永吉と元妻・すみ子はスピード婚であり・・・3人の子供を授かったが・・・夫婦関係のすれ違いから1989年に離婚が成立した。慰謝料は、ポルシェ3台分だったといわれている!!

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP
Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com